大人になってからの親子関係に悩んでいるあなたへ
あなたが解決したいことは?

親子のコミュニケーション

大人になってからの親子関係に悩んでいませんか?

親子のコミュニケーションに精通したを専門カウンセラーが問題解決をサポートします。

これまでのカウンセリングで1000名を超える相談者の問題解決をサポートしてきました。
経験豊富な親子関係カウンセラーがご相談者のケースにあわせ柔軟に効果的な方法をお伝えしていきます。
これまで「誰に相談しても気持ちを理解してくれなかった」という方の最後のカウンセリングにできるようサポートしていきます。


これまでに寄せられたお悩みは?

親からの過干渉に困っています

主に母親と娘というパターンが多くあります。
何でもあなたのことを把握していないと気がすまない母親です。
あなたが「やめてほしい」と言っても、母親はやめようとしません。
それよりも「親が娘のことを知ろうとして何が悪いの?」と言い返してくるかもしれません。

過干渉のパターン
成人している娘に対して年齢不相応の門限を強制する
恋愛や結婚を否定してくる
一日に何度も電話やメールをしてきてはあなたの行動のすべてを把握しようとする

親からの否定の言葉がつらいんです

親があなたの考えや価値観を否定ばかりしてきます。
否定するばかりでなく親の考えを押し付けてきます。

親自身、自分の考えが正しいと思い込んでいるかもしれません。
親はあなたのことを思っての否定しているのかもしれませんが、
事実、心ない言葉ばかりでツラい思いをするのはあなたです。

否定のパターン
「そんなことはうまくいくわけ無い」と悪い結果ばかりを予測してあなたの考えを変えさせようとする
恋人や結婚相手を否定してくる
「〜すべきだ」と考えを押し付けてくる


親とぶつかりすぎて疲れました

「親子」という密接な関係だからこそ心置きなくコミュニケーションもできますが、
しかしその反面、近すぎて争ってしまうこともよくあります。

家族や親子の関わりではプライバシー意識や個性の尊重意識が薄れてしまいがちです。
自分が思っていることが相手もそう思うはずと感じてしまったり、
自分の考えが正しくて、相手もそうするべきと考えてしまうこともあります。

感情の押し付け合い、押し付けてくる相手への反発、抵抗から争いに発展していきます。
こういった場合、気持ちを伝え合うコミュニケーションができていないことがほとんどです。

争いのパターン
「親の言うことを聞け!」と気持ちを押し付けてくるので口論になってしまう
自分の考えが親とは違うことを示すために喧嘩してしまう
親の顔を見ると腹が立ってきてついひとこと言ってしまって争いに発展してしまう




親子関係カウンセラー川島崇照は
「おとなの親子関係相談所」を運営しています。

画像の説明